株式会社キャンサースキャン

ソーシャル・マーケティング

ソーシャル・マーケティング

「社会的に推奨される行動を普及させるため」というのが
ソーシャルマーケティングの目的です(マーケティング学の大家であるフィリップ・コトラー氏の提唱)。

しかし、社会的に良いとされる行動(たとえば、禁煙をする・運動をする・検診を受ける、など)は、
人々にとってあまり興味の対象でなく、手間をかけてでもやりたい行動ではないことが多いというのが問題です。

そのため、ソーシャルマーケティングでは、それらの「つまらない・我慢を強いられる」行動を、
いかにして自分にとって重要あるいは興味のあること・手軽に実践できることに転換して、
強く働きかけるようなメッセージで呼びかけ、人の考えや行動・習慣を変革するかがポイントになります。

たとえば、キャンサースキャンでは、乳がん検診の受診率向上のため、ソーシャルマーケティングを
以下のような順序で行っていきます。